ゆめたま日記

障害者生活介護事業所 ゆめたまご

新しい施設が完成してから1か月経ちます。
台車をゴロゴロ転がしてちまちまと荷物を運び、何とか新しい施設に移転しました。
6月末から新しい施設で活動していますが、まだ古い方にも荷物が残っており、行ったり来たりしています。
まだ看板もできていませんが…
c1.jpg

玄関ホール
まだ荷物の整理ができていません。
c2.jpg

玄関脇はギャラリー。
落ち着いたら作品を展示する予定です。
外からも作品が見えます。
c3.jpg

以前と比べ、かなり広々した作業室。
ダンスやファッションショーの練習もできます。
c4.jpg

織り機の棚。
このときは作業中だったので、織り機が出払っています。
c7.jpg

畳の部屋も。
お昼休みはみんながここに集まって、ぎゅうぎゅうです(笑)
c8.jpg

予定表のコーナー。
みんなで書いた日課表も。
c9.jpg

昼食は食堂で!
c12.jpg

週に1度、みんなで昼食を作る調理の日のために、厨房もちゃんとあります。
c15.jpg

ソファーの休憩室も。
c16.jpg

みんなゆったりのんびり過ごしています!


スポンサーサイト
2016年最後の営業日。
毎年恒例の大掃除でした。
机やいすを全部外に出して、お水を流して、さっぱりしました♪

FullSizeRender1.jpg

きれいになったあとは、天丼ランチ!

IMG_1444.jpg

今年もゆめたまごの活動にご協力いただきありがとうございました。
新年は1月5日からです。
来年もよろしくおねがいします♪
昨日は年に一度の健康診断の日でした。
メンバー全員で、ゆめたまごの協力医療機関になっている熊谷生協病院に行ってきました。

健康診断…好きなひとはいませんよね。
年間計画が配布された4月の時点で、「健康診断やだ!」「注射やだ!」と声があがるくらいでしたから。
本当に苦手な人は、もう1~2週間前から不安で不安でしょうがなかったようです。
採血はもちろん、ただ身長体重を測るだけでも、個室に入らなければならないから、不安で歩きだせない人も。
いつも測っているはずの血圧計も、怖くてなかなか手が入れられません。
それでも、やさしい先生や病院スタッフのみなさんのおかげで、無事に終了しました。

病院、苦手な人は多いです。
健康診断は、病気の早期発見だけでなく、病院に行く練習でもあります。
もし病気になっても、あの病院なら毎年行くから怖くない!と抵抗なく受診できればいいなあと、毎年がんばって受けています!
特別支援学校を卒業し、事業所に通い始めたら太ってしまった…
よく聞く話です。

昨日は埼玉県総合リハビリテーションセンターから講師の先生をお招きして、親子参加の健康づくり教室を開催しました。

まずは計測から。
体重、基礎代謝、筋肉率、体脂肪率、内臓脂肪レベル、体年齢が丸わかりです。(笑)

それから講師の先生のお話。
普段の生活でもちょこちょこ動くこと!
家の手伝いなどをするのはとってもいいことだと教わりました。
作業中も、必要な道具を自分で取りに行くなど、ちょこちょこ動くようこころがけましょう。



後半は実践!
新聞紙を使ってゲームです。
拾って投げてまた拾って…
これだけでもいい運動になります。



最後は、椅子に座ってできる体操。
「恋するフォーチュンクッキー」に合わせて体を動かしました。
みんなノリノリで楽しく運動できました。



知的障害があって、生活習慣病に…誰がその病気を管理していくのか?
テキストの最後に「気づいた時がスタートです。」と書いてあります。
未来のために、今できることから気をつけていかないといけませんね。
講習で教わった体操を、ゆめたまごでも取り入れていきたいと思います。
産休中の職員が、4月に女の子を出産しました。
みんなでお祝いにおむつケーキを作りました。
2~3まいずつおむつを袋に入れて、くるくるっと丸め、組み合わせて3段のケーキにしました。
紙おむつ3パック分です!

・・・・・でかい!!(笑)

まわりには、お祝いの品と、みんなが描いたママと赤ちゃんの似顔絵。





似てる~!かわいい~!
ちゃんと赤ちゃんにみえる~!
と、作っているときから大評判でした。

ものすごいボリュームになってしまいましたが、無事手渡すことができました。
赤ちゃんも見せてもらいました!
生まれたての赤ちゃん。かわいいね~♪
また遊びにきてね~♪