ゆめたま日記

障害者生活介護事業所 ゆめたまご

3ヶ所同時開催展「UFU♡SAITAMA±○3(参上)」が11日に終了しました。
ゆめたまごからは、春日部会場に野村真優子さんの作品が展示されました。

会場は「喫茶ゆめいろ」さん。




裂き織りきのこちゃんがお出迎え。


いろんな施設のグッズも販売中。
ておりん&でかておりんも。


会場にはアーティストトーク目当てのお客さんでにぎわっていました。


こちらが野村真優子さんの作品。
たくさんちりばめられて綺麗です。


真優子さんの作品は、紐の端を繰り返し繰り返し結んでいったもの。
紐を見つけると、くるくるくるっとあっという間に結んでしまいます。
真優子さんはいつでも手を動かしていないといられません。
缶に集めたボタンを、形別に分ける。
細かくちぎった紙を、色別に積み上げる。
ハサミで切った紙を床一面に撒く。
こちらが「ああ不思議だな~。これも作品だな~。綺麗だな~。」と思っているうちに、自分でパッと手で払って捨ててしまいます。
唯一この紐を結んだものだけ、たくさん集めることができました。
本人は何かを作ろうとして作っているのではなく、感覚を楽しんでいるのでしょう。

そんなようなことをアーティストトークでお話してきました。


スポンサーサイト